車載用センサーの物体検知データ収集のお知らせ

オムロン オートモーティブエレクトロニクス株式会社(本社:愛知県小牧市、代表取締役社長:和田克弘)は、車載用の車外物体検知センサー(以下、本センサー)の技術向上のために、下記の通り、走行中の車外データを公道で収集します。

近年、自動車業界において自動運転技術の開発がグローバルで加速しています。オムロングループでは、"ぶつからないクルマ"社会の実現を目指し、コア技術である「センシング&コントロール+Think」によって、機械が人やモノを深く理解するための様々な技術開発を行っています。 こうした取り組みの一環として、オムロン オートモーティブエレクトロニクス株式会社では、本センサーの技術向上に取り組んでおり、当該技術の確立を通じて、交通事故の低減に貢献し、安全・安心なクルマ社会の実現を目指してまいります。

データ収集の概要

  1. データ収集を行っている旨の表示をした車両に本センサーを設置しセンシングデータを収集するとともに、本センサーの性能検証・検知精度向上のために必要な実画像を取得するため、検証用カメラでの撮影を行います。
  2. 実施期間:2017年4月より2022年3月まで、断続的なデータ収集を予定しています。
  3. 対象エリア:愛知県を中心とした、日本国内
  4. その他
    • 本センサーによる物体検知行為や検証用カメラによる撮影は、公道上の人や車両などの物体、および検証用車両の走行上の安全性に影響を及ぼしません。
    • 本センサーには個人を特定できるデータが取得・記録されることはありません。
    • 本データ収集は、肖像等個人を特定する情報を検証用カメラにより取得することを目的とするものではありません。肖像等はモザイク処理などにより速やかに個人を特定できないようにします。

報道関係からのお問い合わせ先

オムロン株式会社
コーポレートコミュニケーション部
TEL: 075-344-7175

お客さまからのお問い合わせ先

オムロン オートモーティブエレクトロニクス株式会社
経営企画部
TEL:0568-78-6181